ネタばれ御免!【ウォーキングデッド】シーズン10第四話は複線多すぎ

rogo1ドラマ

何気ない日常のシーンからヒルトップに突然木が倒れてきます
倒れた木の下敷きになっている住民を救い出すところからのスタート。
それとほぼ同じタイミングでアレクサンドリアでもトラブルが起こる。
リディアに対する嫌がらせが始まり間一髪の所でニーガンが助けに入ります。

前回の記事→第三話

スポンサーリンク

エゼキエルとミショーンのキスシーン

え!?キャロルとはもう終わっていたの・・・?
キャロルが指輪を外して返すシーンは確かにあったけど、またアレクサンドリアに戻ってきたから
ヘンリーの事でふさぎ込んで離れてるだけかと思ってました。

倒木のあったヒルトップにウォーカーが群れで襲い掛かる

壁が壊れることを心配してルーク達グループが外に出て応戦します。
ギリギリまで外で戦いますが数が多くて一度中に戻ります
壁が壊されてしまい、今度は住民たちと応戦します。

エゼキエルが船頭しますが彼は武器を持たず、戦闘シーンもなし。
代わりにジュディスとミショーンが刀で応戦します

なんだかリックとカールのようで、懐かしいです。
そういえば最近の戦闘シーンは弓とナイフばかり。
銃はほとんど登場しません。前回のキャロルが数発撃ったのみ。
銃弾がもう無くなりかけているのだろうか?

というのもジュディスが小さい体で刀振り回して危なっかしいんです。
自分より大きなウォーカーに切りつけてるんですが「頭を切らないと!」

弓とかの方が安心してみてられるんですがハラハラしっぱなし。

アレクサンドリアでのニーガン

リディアを助けたニーガンですがもみ合いの際に、リディアを襲っていた女性を殺してしまう。
そのことで再びニーガンに対する恐怖や憎しみが住民の中に現れる

牢屋にもどったニーガンは
お前たちの事を理解し始めていた。良いことをしようとしたら咎められた
とダリルに嘆きます。

ホントに馴染もうと努力してたんだ、っていうのが涙目になりながら訴えるニーガンから伝わってきて辛いものがあります

仲間を無残な姿にしたのもニーガン。でも仲間を救ってくれたこともある。
ゲイブリルが逃げ込んだトレーラーから助けたのも彼だし
(あれは自分も助かりたかったのかもしれないけれど。)

ジュディスが吹雪で迷子になった時に助けたこともあった。
前回の目が見えなくなったアーロンを助けたのも彼。

仲間の中には「大切な人を彼に殺された」許せない!という気持ちの方が強いのかもしれない。
喉を切った後に助けてくれたリックはもう居ないし、「みんな仲良く分かり合える」と伝えたカールも居ない

1度は死にたいと願った彼だけど、ゲイブリルやジュディスのやさしさに触れて正気を取り戻した。
今回もリディアを心配して助けたかっただけなのに結果として住民が亡くなってしまったのは悲劇としか言いようがない

住民会でどうするか決めかねている間にニーガンは牢屋から抜け出した。
リディアがカギを開けたと言ってますが、おそらく本当に逃がしたのはダリルなんじゃないでしょうか?

リーダー代理として、恨む気持ちも信じたい気持ちもあるから自分の手で運命を決めることはしたくなかった。
だから牢屋を開けて彼が自分で逃げた事にして逃がしたかったんじゃないかなぁ。あくまで予想です

無線でオーシャンサイドから連絡を受けたミショーンは彼らの元に向かうことにした

ミショーン・ルーク・あとジュディスが一緒に出て行ってしまった。。。。

えーーー!

まさかこのまま三人ともしばらく離脱するのかなぁ

製作発表時にミショーンの離脱の話が出てたし、、、、

これでニーガンもしばらく出てこないかもしれないので一気に来週以降のメンバーが不安になってきました。
そういえばヒース出てこないですよね。ミショーン達が向かった先で合流するのかな?

来週の話がどうなるか、まったく読めなくなってきた。

シーズン9の最後の無線の女もリックの離脱後の話も、ヘリのグループもマギーのその後も回収できてないから、そろそろ小出しにしてくれないと

複線忘れそうなんですけど!

続きはこちら→5話

コメント

タイトルとURLをコピーしました